事業の目的、概要

  これからの貨物自動車運送事業は、今まで以上に、”安全性”の視点から優良な事業者が選ばれる時代です。そこで全国貨物自動車運送適正化事業実施機関「社団法人日本トラック協会」(以下、「全国実施機関」という。)では平成15年7月から利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する「安全性優良事業所」認定制度をスタートさせました。
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークは、高評価を得た事業所にのみ与えられる”安全性”の証です。
  「安全性優良事業所」認定のシンボルマークは、高評価を得た事業所にのみ与えられる”安全性”の証です。
  ”G”の由来はGood「よい」、Glory「繁栄」の頭文字「G」を取ったものです。

評価項目

次の3項目を点数化し評価
@安全性に対する法令の遵守状況
-地方実施機関の巡回指導結果-
A事故や違反の状況
-重大事故・行政処分の状況-
B安全性に対する取組の積極性
  ※運輸安全マネジメント取組事項
-申請者の自己申告事項-

認定要件

1)上記(1)〜(3)の評価点数の合計点が80点以上
2)上記(1)〜(3)の各評価項目において下記の基準点数以上
   【基準点数】
    (1)安全性に対する法令の遵守状況(32点)
    (2)事故や違反の状況(21点)
    (3)安全性に対する取組の積極性(3点)
    (運輸安全マネジメント取組事項は12点)
3)法に基づく認可申請、届出、報告事項が適正になされていること
4)社会保険等の加入が適正になされていること